日本最大級のオンラインドッグトレーニングサイト

初めての方 2回目以降の方

【トレーナー監修】愛犬のサークルやケージの最適な置き場所って?愛犬が快適に過ごせるレイアウトは?

サークル,サークル内のレイアウト, トイプードル

愛犬のお迎え前に準備しておきたいのがサークルやケージ。サークルやケージは愛犬にとって「自分だけの安心できる空間」です。愛犬が快適に暮らしてもらえるよう、生活空間を整えてあげる必要があります。
今回の記事では、サークルやケージが必要な理由から、サークルやケージのNGな置き場所、愛犬が快適に過ごせる最適なレイアウトについてお伝えします。

改めて「ハウス」とは?

サークル、ケージ、クレートの3つは、一般的に「ハウス」として使われます。ハウスとは「犬の居場所」のことです。
クレートをハウスとして活用することが多いですが、クレートが必ず必要というわけではありません。ケージに慣れているようでしたら、ケージをハウスとして使っても大丈夫です。
ただし、クレートは外と視界が遮断されているのに対し、ケージは外が丸見えです。そうすると犬はどうしても外の刺激が気になってしまい、中で落ち着くことができなくなってしまいます。ケージをハウスとして利用するのであれば、布などをかけてあげると愛犬が落ち着いて過ごすことができます。

犬が自分の居場所に戻るためのトレーニングである、「ハウス」は一人でお留守番をするときにスムーズにハウスに入ってもらうために必要なトレーニングです。
具体的なトレーニング方法に関する相談などは、犬のしつけのプロであるドッグトレーナーさんに気軽にご相談してください。

サークル、ケージ、クレートの違い

ここでは改めて、サークル、ケージ、クレートの違いについて解説します。
「犬の居場所」としてひとくくりにされていますが、それぞれ違いがあります。

■サークル
サークルは室内の一部を囲う役割を持ちます。側面が柵で囲われ、基本的には天井がついていないものです。(一部天井つきの製品もあります。)種類は側面を囲う柵を組み合わせたもの、床付きのもの、折りたたみ式など、複数あります。

サークル

■ケージ
サークルとは違って、側面を囲う柵に天井と床面がついているものです。天井がついているため、
飛び出しが心配な愛犬はケージがおススメです。サークルと同様、折りたたみ式、布製のものなど複数の種類があります。

■クレート
クレートは持ち運び可能な小さなケージのようなもの。基本的には動物病院に行くときなど、移動の際に使用します。大きさの目安は犬が中で楽に向きを変えられる程度です。

犬にサークルやケージが必要な理由

サークルやケージ・クレートは、犬にとっての「ハウス」、つまり犬の居場所と呼ばれるほど重要なものです。まずは、犬にとってなぜサークルやゲージが必要かについて説明します。

■愛犬が落ち着いて過ごせる
愛犬がストレスなく、快適に過ごすためにサークルやケージが必要になります。犬は縄張り意識の強い生き物です。そのため、犬は自分に与えられたスペースを縄張りとして守ろうとします。
例えばサークルやケージがなく、リビングなどで放し飼いにしてしまうと、広い部屋すべてを守ろうとしてかなりのストレスになります。そのためサークルやケージを使って、自分だけのエリアを作ってあげる必要があります。

■犬のイタズラ防止、安全の確保
サークルやケージがあれば、長時間のお留守番や目を離さなければいけないときなどに、事故やイタズラを防ぐことができます。
お留守番中に家具や家電を噛んでボロボロになってしまう。電気コードに噛みついて、大きな事故に、、なんてことも防ぐことができます。

また、犬に多いのが誤飲の事故です。飼い主さんの目の届かないところで、何を口に入れてしまうかわかりません。犬から長時間目を離すときは、犬をサークルやケージの中に入れ、危険なものから距離を置いてもらえるようにしましょう。

■もしもの時の備えになる
通院や災害で避難する時などは、ケージやクレートなどで過ごす必要があります。
特に子犬の時期に、動物病院に行く必要がある時は、病院内で他の犬とのトラブルにならないように、クレートに入れて連れて行きます。また、災害で避難する時などは、避難所でクレートに入れることを条件に、犬と一緒に避難が可能な自治体もあります。
(災害時に避難所に犬を連れていけるかどうかのルールは自治体や避難所によって異なります。詳細は自治体にご確認をお願いします。)

「外に連れ出さないから大丈夫」と思い、ケージやクレートに入るトレーニングをしない飼い主さんもいらっしゃいます。しかし自宅にいるうちから慣れておくと、愛犬のもしもの時のストレスを軽減できます。

サークルやケージの置き場所のチェックポイント

サークルやケージの置き場所はリビングや寝室をおススメしています。もちろんその他の場所に置いていただいても問題ありませんが、以下の点に注意して検討してみてください。

■暑すぎず、寒すぎない場所
犬は暑さにも寒さにも弱い動物です。特に、子犬のうちは体温調節がまだまだ苦手なので、注意が必要です。エアコンの風が直接当たらず、適度な室温の場所を選んであげましょう。
目安としては、18度〜23度、湿度は50~60%程度です。しかし犬種や犬それぞれで異なるため、犬の様子をよく見て温度を調整しましょう。

■飼い主がよくいる場所
犬は群れで過ごす動物です。なるべく人が集まりやすい場所を選んであげましょう。
リビングや寝室は、人がよくいる場所なのでおすすめです。

■うるさすぎない、静かな場所
サークルやケージはいわば自分の部屋です。サークルの中では落ち着いて過ごせるように、静かな場所を選んであげましょう。
また犬の聴覚は人間の4倍と言われています。テレビのスピーカーの近くなど、大きな音がする家具の近くは避けましょう。

Yorkshire Terrier

サークルやケージのNGな置き場所

サークルやケージの置き場所のチェックポイントを踏まえたうえで、犬のためにこのような場所は避けましょう。

■窓際、エアコンの近く
窓際は外の気温の影響を受けやすく、温度調整がしづらいため避けましょう。ペットが家にいると、外出中の温度調整も必要になってきます。サークル内の温度調整がしやすいように、窓際は避けましょう。
また、エアコンや扇風機などの近くも避けましょう。犬は体温調節が苦手な生き物です。風が当たり続ける場所ではうまく体温の調節ができません。直接風が当たらない場所を選んでください。
一方で湿度にも配慮し、なるべく風通しの良い場所を選んであげてくださいね。

■音がしやすい場所
ドアの近くや、音の出る家電製品の近く、玄関のそばなど、音がしやすい場所では犬がリラックスできません。
犬は人間よりも敏感な聴覚を持っています。人間にとっては些細な音でも、犬にとってはストレスになる場合もありますので、注意しましょう。

サークル、ケージのサイズの目安

ここでは犬のサークル、ケージ選びのポイントとなる、「サイズ」について解説していきます。

犬のサークルやケージを選ぶ際、最も大切なのはサイズです。
特に小型犬の場合、どんなサイズのケージを買うべきか、迷ってしまうと思います。大きすぎず、小さすぎず、犬が快適に過ごせるサイズを選びましょう。犬が立ったり寝転んだりするのに十分なスペースが必要です。また、中にトイレを置く場合は、更に広いスペースが必要になります。
具体的には、トイレをサークル・ケージの中に置かない場合は90cm×奥行き60cm程度、トイレを置く場合は、180×60cm程度を目安にしてください。
ただし、犬の大きさ等によって異なるため、購入時は犬のプロであるドッグトレーナーやペットショップの店員さんなどに相談するのがおすすめです。

また、子犬の場合は少し大きく感じるかも知れませんが、犬の成長につれて体のサイズに合ってきます。

サークル、ケージ内のレイアウト

クレートを愛犬の居住空間とし、居住空間とトイレの距離をできるだけ離します。犬は綺麗好きなので、居住空間とトイレが近いことを嫌がります。トイレをサークル内に置く場合は、広めのサークルを設置してあげましょう。

ただし、子犬の時期は近くに設置することでトイレトレーニングが成功しやすくなる場合があります。
トイレトレーニングについては、こちらの記事で解説しています。参考にしてみてください。

また、犬はサークルやケージの中にいても、飼い主の近くにいたいもの。そのため、居住空間を飼い主の普段居る側に設置し、トイレを奥側に設置しましょう。逆にすると、トイレを寝床にしてしまう可能性があります。

トイレ以外にもベッドや水飲み用のボウルなどを設置してあげることで、犬が快適に過ごせます。

まとめ

サークルやケージは愛犬にとって「自分だけの安心できる空間」です。愛犬が快適に暮らしてもらえる居場所を作ってあげましょう。

また、各ご家庭によってサークル、ケージのおススメの大きさやレイアウトは異なります。

犬種による成長度合い、体のサイズ、留守番の頻度と長さ、部屋の広さ等様々ですので、ドッグトレーナーに相談してみてくださいね。