日本最大級のオンラインドッグトレーニングサイト

初めての方 2回目以降の方
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのしつけのコツ

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは敏感で繊細な面を持っており、強い声や厳しいしつけにはあまり適していません。穏やかで優しいアプローチを心がけることで、彼らとの信頼関係を深めることができます。早い段階での社交性の育成や基本的なトレーニングは、社会的なマナーや様々な環境への適応を学ぶのに役立ちます。
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの
ドッグトレーナーを探す

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの犬種情報

犬種
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
英語表記
Cavalier King Charles Spaniel
原産国
イギリス
サイズ
小型犬
犬種グループ
グループ9(愛玩犬)
体重
5kg~8kg
体高
31cm~33cm
被毛(色)
ブレインハイム、ブラック&タン、トライカラー、ルビー
ルーツ
ルネッサンス時代から、小型のスパニエル種はヨーロッパの貴族に人気がありました。特に、イギリスのチャールズ1世と彼の息子チャールズ2世は、この犬を愛していたと言われ、後者の名誉を称えて名前がつけられました。19世紀初頭まで、イギリスの貴族の間で非常に人気がありました。しかし、ヴィクトリア時代にはアジアの小型犬と交配され、アメリカでは「English Toy Spaniel」として知られるようになりました。1920年代、古典的なスパニエルを再現しようとする動きが生まれ、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルと命名されました。
性格
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、その愛らしい容姿と人懐っこい性格で多くの人々から愛されています。非常に社交的であり、家族の一員として愛情深く、子供や他のペットとも上手くやっていきます。 性格の特徴の一つは、その甘えん坊な一面です。飼い主のそばにいることを好み、抱っこやひざの上でのんびり過ごすのが大好きです。また、好奇心が旺盛で遊び好きなため、日常の散歩やプレイタイムは欠かせません。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの主なしつけのタイミング

〜生後3ヶ月
トイレ
〜生後4ヶ月
おすわり,まて
〜生後6ヶ月
ハウス,お留守番
1歳〜2歳
よくある
問題行動

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの予防接種・気をつけたい病気

予防接種の
タイミング
コアワクチン(1)生後2ヵ月頃、(2)(1)から3~4週間後、(3)(2)から3~4週間後、狂犬病ワクチン(毎年)
かかりやすい
病気
心臓疾患、皮膚が弱い

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルおすすめドッグトレーナー

真壁律江トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
【行動学や犬の学習理論など科学的な知識と経験豊富なトレーニングスキルで、犬も飼い主さんも理解しやすいレッスンを行います】

今ま...
詳しく見る
川上真也トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
【犬との遊びを通じて、犬の感情をコントロールする方法をお伝えし、問題行動の修正をしていきます 】

大切なのはどれだけ人(飼い主)に興...
詳しく見る
堂前勇樹トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
ご紹介ページを開いて頂き誠にありがとうございます。 犬や猫の問題行動、主に咬みを覚えた子達やトリミングやグルーミングが苦手な子達をトレーニングして...
詳しく見る
矢野亜希子トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
【犬の総合施設ロビンズハウスの代表をしています】

吠え、お散歩が上手に出来ない、犬が苦手、噛む、おトイレが上手に出来ない、犬を見...
詳しく見る
小野貴嗣トレーナー
今までの愛犬との暮らしを見つめ直し、その子に合ったトレーニングや環境作りを通じて、愛犬との幸せなドッグライフをご提案しております。 近年は、SNSや本、近所の犬友さん、本当に色々な場所からしつ...
詳しく見る