日本最大級のオンラインドッグトレーニングサイト

初めての方 2回目以降の方
Labrador Retriever

ラブラドール・レトリーバーのしつけのコツ

賢く、比較的トレーニングがしやすいのが特徴です。しかし頑固な一面や興奮しやすい一面もあるため、平常心でトレーニングに参加してもらうことが、トレーニング成功のカギ。人と関わることが好きなため、トレーニングが上手くできた時はしっかり褒めてあげると、とても喜びます。
ラブラドール・レトリーバーの
ドッグトレーナーを探す

ラブラドール・レトリーバーの犬種情報

犬種
ラブラドール・レトリーバー
英語表記
Labrador Retriever
原産国
カナダ
サイズ
大型犬
犬種グループ
グループ8(レトリーバー・スパニエル・ウォータードッグ)
体重
30kg~36kg
体高
56cm~62cm
被毛(色)
短毛(ブラック、チョコレート、イエロー)
ルーツ
ラブラドール・レトリーバーは元々カナダのニューファンドランド島が原産地で、16世紀にイングランドからの入植者が使役犬とニューファンドランド犬を交配させて誕生しました。名前の由来はカナダのラブラドール地方にあり、漁師の労働を支援する役割を果たしていました。その後、イギリスで改良が行われ、より優れたレトリーバーとしての能力を持つ犬種が誕生しました。
性格
ラブラドール・レトリーバーは盲導犬などで活躍する従順で学習能力が高い犬種です。大きく、賢く、運動が大好きで、優しい性格が特徴。穏やかで子供にも適しています。訓練やしつけに優れ、知性と順応性が高い。番犬向きではありませんが、聡明でフレンドリー。警察犬、捜索救助犬、麻薬探知犬など多くの分野でも活躍しています。

ラブラドール・レトリーバーの主なしつけのタイミング

〜生後3ヶ月
トイレ
〜生後4ヶ月
おすわり,まて
〜生後6ヶ月
ハウス,お留守番
1歳〜2歳
よくある
問題行動
吠える,噛む

ラブラドール・レトリーバーの予防接種・気をつけたい病気

予防接種の
タイミング
コアワクチン(1)生後2ヵ月頃、(2)(1)から3~4週間後、(3)(2)から3~4週間後、狂犬病ワクチン(毎年)
かかりやすい
病気
三尖弁閉鎖不全症、外耳炎、股関節形成不全 など

ラブラドール・レトリーバーおすすめドッグトレーナー

真壁律江トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
【行動学や犬の学習理論など科学的な知識と経験豊富なトレーニングスキルで、犬も飼い主さんも理解しやすいレッスンを行います】

今ま...
詳しく見る
川上真也トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
【犬との遊びを通じて、犬の感情をコントロールする方法をお伝えし、問題行動の修正をしていきます 】

大切なのはどれだけ人(飼い主)に興...
詳しく見る
堂前勇樹トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
ご紹介ページを開いて頂き誠にありがとうございます。 犬や猫の問題行動、主に咬みを覚えた子達やトリミングやグルーミングが苦手な子達をトレーニングして...
詳しく見る
小野貴嗣トレーナー
今までの愛犬との暮らしを見つめ直し、その子に合ったトレーニングや環境作りを通じて、愛犬との幸せなドッグライフをご提案しております。 近年は、SNSや本、近所の犬友さん、本当に色々な場所からしつ...
詳しく見る
長内麻美トレーナー
【人道的かつ科学的で、ストレスを最小限に、愛犬のモチベーションを引き出すことを中心としたしつけ指導を行います。】

一つの犬の問題行動に対する解決方法は一つではありません。それぞれ...
詳しく見る

ラブラドール・レトリーバーしつけ・トレーニング事例

埼玉県
ラブラドール・レトリーバー メス 
吠える
噛む
うちの子は体も大きく、すごくやんちゃでそれはいいのですが、お友達犬は小型犬が多く。たまに遊んでる最中に吠えたり噛んだりしていてケガをさせないか心配でしたが、アドバイスいただいたことを実践したらかなり良くなりました!