日本最大級のオンラインドッグトレーニングサイト

初めての方 2回目以降の方
スタンダードプードル

スタンダード・プードルのしつけのコツ

プードルは非常に賢く、学習能力が高いと評価されています。新しいコマンドやトリックを覚えるのが得意で、トレーニングを受けやすいと言われています。また、人懐っこく、ポジティブなトレーニング環境であれば、喜んで学びます。トレーニングの際は、一貫性を保ち、要求事項を明確にすることが重要です。
スタンダード・プードルの
ドッグトレーナーを探す

スタンダード・プードルの犬種情報

犬種
スタンダード・プードル
英語表記
Standard Poodle
原産国
フランス
サイズ
中型犬
犬種グループ
グループ9(愛玩犬)
体重
16kg~29kg
体高
45cm~60cm
被毛(色)
長毛(ブラック/グレー/ホワイト/アプリコット/ブラウン)
ルーツ
プードルはフランスの国犬として知られ、フランス人はプードルを長く親しんでいますが、実はプードルはドイツ生まれのダックハンター。水を跳ねることを意味する「pudelin」という言葉が起源です。400年以上前から、その卓越した泳ぎや知性で鳥を回収する犬としての役割が確立されました。ショーでの派手なコートも、実際には狩猟時の保護として機能していました。プードルはその美しさと訓練性からヨーロッパの貴族やサーカスに欠かせない存在となり、更にはトリュフ狩りの犬としても活躍しました。
性格
スタンダード・プードルは、その優雅な外見と高い知能で知られる犬種です。歴史的には狩猟犬としての役割を果たしてきましたが、現在では家庭犬として、またドッグスポーツのスターとしてもその能力を発揮しています。 また、スタンダード・プードルは社交的で愛情深く、家族の一員として非常に適しています。人懐っこい性格のため、子供や他のペットともすぐに打ち解けることができるでしょう。ただし、繊細な一面も持つため、穏やかな環境と優しい扱いが必要です。

スタンダード・プードルの主なしつけのタイミング

〜生後3ヶ月
トイレ
〜生後4ヶ月
おすわり,まて
〜生後6ヶ月
ハウス,お留守番
1歳〜2歳
よくある
問題行動

スタンダード・プードルの予防接種・気をつけたい病気

予防接種の
タイミング
コアワクチン(1)生後2ヵ月頃、(2)(1)から3~4週間後、(3)(2)から3~4週間後、狂犬病ワクチン(毎年)
かかりやすい
病気
膝蓋骨脱臼、骨折、白内障、涙目やけ、逆さまつげ、水頭症

スタンダード・プードルおすすめドッグトレーナー

真壁律江トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
【行動学や犬の学習理論など科学的な知識と経験豊富なトレーニングスキルで、犬も飼い主さんも理解しやすいレッスンを行います】

今ま...
詳しく見る
川上真也トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
【犬との遊びを通じて、犬の感情をコントロールする方法をお伝えし、問題行動の修正をしていきます 】

大切なのはどれだけ人(飼い主)に興...
詳しく見る
堂前勇樹トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
ご紹介ページを開いて頂き誠にありがとうございます。 犬や猫の問題行動、主に咬みを覚えた子達やトリミングやグルーミングが苦手な子達をトレーニングして...
詳しく見る
小野貴嗣トレーナー
今までの愛犬との暮らしを見つめ直し、その子に合ったトレーニングや環境作りを通じて、愛犬との幸せなドッグライフをご提案しております。 近年は、SNSや本、近所の犬友さん、本当に色々な場所からしつ...
詳しく見る
長内麻美トレーナー
【人道的かつ科学的で、ストレスを最小限に、愛犬のモチベーションを引き出すことを中心としたしつけ指導を行います。】

一つの犬の問題行動に対する解決方法は一つではありません。それぞれ...
詳しく見る