日本最大級のオンラインドッグトレーニングサイト

初めての方 2回目以降の方
ボクサー

ボクサーのしつけのコツ

早期の社交性のトレーニングや子犬向けのクラスは、ボクサーの豊富なエネルギーをプラスの方向に導くために欠かせません。ボクサーは賢い犬種ですが、同じことの繰り返しには飽きやすい性質があります。独自の意見や考えを持つことがよく、問題解決のスキルも高いです。知性が高く、しつけにも比較的反応が良いですが、時折頑固な一面を見せることも。そのため、しつけの際には一貫性と辛抱強さが必要とされます。
ボクサーの
ドッグトレーナーを探す

ボクサーの犬種情報

犬種
ボクサー
英語表記
Boxer
原産国
ドイツ
サイズ
大型犬
犬種グループ
グループ2(使役犬)
体重
23kg~36kg
体高
53cm~64cm
被毛(色)
マホガニー・フォーン・ブリンドル
ルーツ
ボクサー犬の祖先は、アッシリア帝国の戦争犬で、約2,500年前まで遡ることができます。しかし、現代のボクサー犬は、19世紀末から20世紀初頭のドイツに起源を持ちます。この品種は、大きくて重いドイツの品種であるブレンバイザーから、ドイツの犬の愛好家によって品種改良されたと言われています。中世のドイツでは、ブレンバイザーは大物狩りの主要な犬として貴族に使用されていましたが、19世紀初頭にはドイツの政治的状況が変わり人気がなくなりました。イギリスのマスティフ系の小型犬との交配により、現代のボクサー犬が誕生しました。
性格
ボクサーは、その筋肉質の体格と魅力的な外見で知られる犬種ですが、その見た目とは裏腹に、非常に愛情深く家族思いの性格を持っています。彼らはエネルギッシュで、活発な運動を好むため、日常的な運動が不可欠です。 また、環境への適応力も高く、室内でも落ち着いて過ごすことができますが、長時間の孤独は苦手です。社交的なこの犬種は、家族との絆を非常に大切にするため、定期的なコミュニケーションと愛情が必要です。

ボクサーの主なしつけのタイミング

〜生後3ヶ月
トイレ
〜生後4ヶ月
おすわり,まて
〜生後6ヶ月
ハウス,お留守番
1歳〜2歳
よくある
問題行動

ボクサーの予防接種・気をつけたい病気

予防接種の
タイミング
コアワクチン(1)生後2ヵ月頃、(2)(1)から3~4週間後、(3)(2)から3~4週間後、狂犬病ワクチン(毎年)
かかりやすい
病気
肥大型心筋症、股関節形成不全

ボクサーおすすめドッグトレーナー

真壁律江トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
【行動学や犬の学習理論など科学的な知識と経験豊富なトレーニングスキルで、犬も飼い主さんも理解しやすいレッスンを行います】

今ま...
詳しく見る
川上真也トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
【犬との遊びを通じて、犬の感情をコントロールする方法をお伝えし、問題行動の修正をしていきます 】

大切なのはどれだけ人(飼い主)に興...
詳しく見る
堂前勇樹トレーナー
★イヌトレ公認オンライントレーナー
ご紹介ページを開いて頂き誠にありがとうございます。 犬や猫の問題行動、主に咬みを覚えた子達やトリミングやグルーミングが苦手な子達をトレーニングして...
詳しく見る
小野貴嗣トレーナー
今までの愛犬との暮らしを見つめ直し、その子に合ったトレーニングや環境作りを通じて、愛犬との幸せなドッグライフをご提案しております。 近年は、SNSや本、近所の犬友さん、本当に色々な場所からしつ...
詳しく見る
長内麻美トレーナー
【人道的かつ科学的で、ストレスを最小限に、愛犬のモチベーションを引き出すことを中心としたしつけ指導を行います。】

一つの犬の問題行動に対する解決方法は一つではありません。それぞれ...
詳しく見る