日本最大級のオンラインドッグトレーニングサイト

初めての方 2回目以降の方

【トレーナー監修】犬の吠え方にも種類がある?!吠える原因と対処法5選

「愛犬が吠えて困っている」「吠えている理由を知りたい」というお悩みは、ドッグトレーニングでよく耳にします。飼い主さんとしては、なぜ愛犬が吠えているのか、その理由を知りたいですよね。

犬は人間のように言葉を話せませんが、その代わりに「吠える」ことで気持ちを伝えようとしています。よく犬が吠えることを「無駄吠え」と言いますが、実際は人間が勝手に「無駄」と判断しているだけで、どの犬吠えている理由があります。

そこで、今回の記事では代表的な5つの吠え「要求吠え」「警戒吠え」「興奮吠え」「ストレス吠え」「不安吠え」の意味、対処法について解説していきます!私たちが、飼い主の皆さんとドッグトレーニングをする中で見つけた、「犬が吠える理由」を紹介していきますのでぜひチェックしてくださいね。

また、夜に吠えたり、チャイムに吠えたりする理由は、以下の記事で詳しく扱っています。
こちらの記事も、是非確認してみてください。
【トレーナー監修】犬が夜吠えて困る!夜鳴きの原因と対策は?

【トレーナー監修】愛犬がチャイムに吠える理由・吠えないしつけ方は?

愛犬の性格や、吠えるタイミングによって、吠える理由を見極めることができます。
どんな時になぜ吠えているのか、ぜひ一番近くにいる飼い主さんが、その理由を見つけてあげてください。
もし観察してみても理由がわからない場合は、ドッグトレーナーに相談してみるのもおすすめです。

吠えに関するトレーニング・相談予約はこちらから
「おすすめのドッグトレーナー」

犬が要求吠えをしようとしている

パターン1. 要求吠え

要求吠えとは?

要求吠えとは、「ごはんちょうだい!」「遊ぼうよ!かまって!」など、犬が人間に何かをして欲しいときの吠えです。このとき犬は、「吠えれば自分の要求が通る」と思っています。そして、要求が達成された場合は、吠えるのをやめてくれます。

しかし、必ずしもわんちゃんの要求に応えることはできませんよね。わんちゃんの健康や、飼い主さんの生活のために、要求吠えを減らす必要があります。

要求吠えへのしつけトレーニングは?

犬は自分の要求を達成するために吠えています。そのため、犬の要求を満たしてあげれば、吠えることをやめてくれます。

要求吠えのトレーニングには、「無視をする」ことが重要です。
わんちゃんに「吠えても要求が通らないこと」を伝えるため、要求吠えには心を鬼にして徹底的に無視をします。

また吠え終わってしばらくして、愛犬が落ち着いたら、褒めてあげましょう。
静かにしているタイミングで褒めてあげると、「静かにしていれば褒めてもらえるんだ!」と愛犬が理解してくれます。このようなトレーニングでは時間がかかりますが、徐々に吠えが減って来ることが実感できると思います。

上記のようなトレーニングをやってみて、数週間経っても効果がない場合は、やり方が間違っている可能性があります。自分がやっている方法が適切かどうかを改めてチェックしてみたり、トレーニングのプロであるドッグトレーナーに相談してみてください。

吠えに関するトレーニング・相談予約はこちらから!
「おすすめのドッグトレーナー」

パターン2. 警戒吠え

チャイム音や掃除機の音、通行人に対して吠えることは、この「警戒吠え」にあたります。

警戒心を抱いて、吠えようとする柴犬

警戒吠えとは?

警戒吠えとは、チャイムや掃除機など、普段とは違う音に警戒して吠えてしまうことです。これは犬が人間と暮らす長い歴史のなかで、番犬の役割を果たしてきたことが影響しています。
以前のわんちゃん達の仕事は、番犬として吠えることでした。そのため、現代になってもその習性が残っており、本能的に吠えてしまいます。

「警戒吠え」をするとき、犬は自分や飼い主さんにとっての危険を感じ、「危険を追い払いたい」と思っています。

またチャイム音や掃除機は、しばらくすれば終わります。そのため犬は、自分が吠えたことでチャイムが止んだと勘違いし、「自分が吠えれば、チャイムの音は追い払える」と毎回吠えてしまいます。

例えばチャイムの音に吠えている場合のトレーニング方法は、こちらの記事で特集しているので、是非確認してみてください。

【トレーナー監修】愛犬がチャイムに吠える理由・吠えないしつけ方は?

警戒吠えへのしつけトレーニングは?

このような警戒吠えには、①吠える機会そのものをなくす、②警戒吠えしているものに慣れてもらう、の2種類の対策法があります。

「①吠える機会そのものをなくしてあげる」具体的方法は、以下があります。

  • チャイムの音を変えてみる
  • 掃除機をかけるときは、愛犬を別の部屋に移動させる
  • 散歩中は通行人に近づかない

このように、警戒吠えをする機会をなくしたり、遠ざけたりしましょう。

また、家の外の通行人に警戒吠えをしている場合は、警戒吠えをしている対象を視覚的に見えなくするという方法もあります。例えば、窓ガラスが曇りガラスになるようなシートを貼ったり、レースカーテンを使ったりするなどは、手軽に実施できるのでおすすめです。
しかし、わんちゃんが警戒吠えする原因を、遠ざけることが難しい場合もありますよね。散歩中はどうしても通行人とすれ違ったり、家では掃除機をかける必要があると思います。

そこで「②警戒吠えしているものに慣れてもらう」という対処法もあります。
慣れるためのトレーニングをどのようにやるべきかは、そのわんちゃんの性格や苦手なものによって変わってきます。

例えば通行人の場合は、2つのステップでトレーニングできます。
まずは、人が通り過ぎるまでの間、おやつやだっこで気をそらし、吠えずにいてもらいます。そして、吠えずに通行人が遠ざかるのを確認したら、すかさず褒めてあげましょう。
このようなトレーニングをすることで、少しづつ「吠えなくてもいい」ということに気付いてもらえます。

犬をトレーニングすることで、警戒吠えをやめさせることは可能です。うまくできるか不安だったり、正しいトレーニング方法を身に付けたい場合は、ドッグトレーナーへ相談してください。

警戒吠えに関するトレーニング・相談予約はこちらから!
「おすすめのドッグトレーナー」

パターン3. 興奮吠え

尻尾を振ったり、喜んだりしているのに、吠えてしまう場合は、「興奮吠え」の可能性が高いです。

興奮して、吠えそうになりながら走り出す犬

興奮吠えとは?

興奮吠えとは、わんちゃんが嬉しくなって興奮することで、わんちゃん自身が無意識のうちに吠えてしまうことです。特に幼い時期によく起こりますが、成犬になってもわんちゃんの性格によって起こることがあります。

飼い主さんが帰宅したとき、大好きな人が家に遊びにきたときなどによく起こります。飼い主さんや来客の人が犬を撫でたり、更に興奮させたりすると、吠えるのがエスカレートしてしまうことがあります。

興奮吠えへのしつけトレーニングは?

では、どのようすれば、「興奮吠え」がおさまるのでしょうか。

興奮吠えには、飼い主さんが冷静に対処することが効果的です。
帰ってきたときに犬が駆け寄ってくれるのはとても嬉しいことですが、撫でたり、遊んだりするのはぐっと我慢して、愛犬が落ち着くまで目線をそらして無視をしましょう。
興奮させてしまうと、より吠えてしまいます。落ち着いてから褒めてあげましょう。

また、帰ってくるたびに興奮吠えをさせてしまうと、わんちゃんはそれが習慣になってしまいます。できるだけ吠えさせないように、対処しましょう。

また、犬が興奮する前に、待てや伏せなどのコマンドをさせることで、犬の気持ちを鎮めてあげることもできます。

ふせのしつけ方法やおすすめのトレーナーは、ここから確認できます。
ふせのしつけ – イヌトレ – 犬と飼い主のためのオンラインしつけ

パターン4. ストレス吠え

ストレスによって吠えてしまう、「ストレス吠え」というものもあります。

ストレス吠えとは?

ストレスを感じて吠えてしまうことを、「ストレス吠え」と言います。

犬がストレスを感じてしまったことで、些細なことで吠えてしまう状態のことです。特に引っ越しや、飼い主さんの環境変化等にも、犬は敏感に反応します。そのため、犬の生活環境は大きな変化がなくても、ストレス吠えが起こることがあります。

ストレス吠えへのしつけトレーニングは?

このような場合、ストレスの原因を取り除いてあげたり、新しい環境に慣れてもらったりする事が必要です。吠えを抑えるようなトレーニングをすることが、逆にストレスになってしまうこともあるので、注意してください。

また、散歩を適切な時間、行ってあげるのも効果的です。犬種によって、必要な運動量は変わってくるので、十分な散歩時間が取れているかを確認しましょう。
また、十分な時間がない、天気が悪いなどで、散歩ができない場合は、家の中で遊んであげることでストレス発散をしてあげることができます。
しつけトレーニングを受けることも運動になり、ストレス対処に繋がります。

ストレス吠えの原因を考えたい場合、獣医さんだけではなく、ドッグトレーナーに聞くのもおすすめです。ドッグトレーナーは「犬の行動」の専門家です。気軽に相談してみてください。

「おすすめのドッグトレーナー」

パターン5. 不安吠え

犬が不安を感じて吠えてしまう場合、不安吠えと言われる吠えの可能性があります。

サークル,サークル内のレイアウト, トイプードル

不安吠えとは

不安吠えとは、飼い主さんと離れてしまったことに不安を感じ、犬が吠えてしまうことです。お留守番中や、ペットホテルに預けたときに吠えてしまう場合、この不安吠えにあたります。

不安吠えへのしつけトレーニングは?

お留守番が苦手な場合、お留守番に慣れてもらうようなトレーニングができます。飼い主さんの工夫で、わんちゃんの不安が解消されるので、是非挑戦してください。

しかし一方で「分離不安」と呼ばれる状態の場合は、無理にトレーニングをすることが、逆効果になることもあります。お留守番をしているときに過度に暴れてしまう、その他の問題行動が一緒に起こっている場合は、専門家への相談をおすすめします。

吠えに関するトレーニング・相談予約はこちらから!
「おすすめのドッグトレーナー」

吠えている原因が分からないときは?

わんちゃんが吠えている理由について、ご理解いただけましたか?
どの理由に当てはまるかわからない場合は、まずは以下をやってみてください!

豆柴

吠えは叱らず、静かになったら褒める

愛犬がいつまでも吠え続けるからといって、叱るのはNGです。

𠮟ること自体、犬にストレスを与える行動なのでなるべく避けるべきです。また、犬が吠えているときに叱ってしまうと、リアクションをとったことになります。そうすると犬は「かまってもらえた!」と勘違いし、吠えがエスカレートしてしまう場合があります。

犬には「自分の行動で嬉しいことが起こると、その行動をとる頻度が増える」という習性があります。愛犬が落ち着いて静かになったら褒めてあげることで、静かに落ち着いていることが習慣化していきます。

吠えてる原因を知りたい

吠えている原因を知りたい場合は、ぜひドッグトレーナーに話を聞いてみましょう。

特に家で吠えてしまっている場合は、家で原因を探すことがおすすめです。家にドッグトレーナーさんを呼ぶことも可能ですが、費用が比較的安価なオンラインで相談するといいでしょう。

ぜひここからドッグトレーナーさんを探してみてください。
吠えに関するトレーニング・相談予約はこちらから!
「おすすめのドッグトレーナー」

まとめ

今回は代表的な5つの吠え「要求吠え」「警戒吠え」「興奮吠え」「ストレス吠え」「不安吠え」について紹介しました。またそれらの対処方法やしつけ方、トレーニング方法についてもご紹介しました。
犬にとっての吠えは、自分の気持ちを伝える、大切なコミュニケーション手段のひとつ。「愛犬がどうして吠えているのか?」原因を探り、それぞれの原因に合ったしつけ・トレーニングをすることが大切です。
頭ごなしに叱るのではなく、愛犬の行動を褒めてあげるしつけで、信頼関係をアップさせましょう。
やり方が分からないときはぜひドッグトレーナーさんなどに相談してみてくださいね。