日本最大級のオンラインドッグトレーニングサイト

初めての方 2回目以降の方

【トレーナー監修】犬のふせのトレーニング方法は?ふせの必要性や効果的なしつけのコツ

ふせ

お迎え後、愛犬と楽しい生活を送るためには一定のしつけやトレーニングが必要です。なかでも「ふせ」は基本のしつけとして、愛犬にしっかりと覚えてもらいたいと思いますよね。
今回の記事では、「ふせ」の重要性から、「ふせ」のトレーニング方法についてご紹介いたします。

ふせはコマンドのひとつ

「ふせ」はコマンドのひとつです。コマンドとは、愛犬に行動をしてほしいときに使う合図のことです。例えば基本的なコマンドとして、以下のようなものが挙げられます。

  • ハウス
  • おいで
  • おすわり
  • まて
  • ふせ
  • おて

このなかで「ふせ」は、「おすわり」の後にトレーニングをする、初級〜中級程度のトレーニングです。ふせを覚える前に、名前を覚えたりなどの初級のトレーニングもあります。

トレーニング方法に悩んだときは、ふせに関するトレーニング予約・相談はこちらからできます。

ふせに関するトレーニング予約はこちらから
おすすめのドッグトレーナー」

ふせ以外のコマンドは他のコラムでも案内していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ふせを覚えてもらう理由

秋田犬

基本的なしつけとして扱われる「ふせ」ですが、なぜふせを覚えてもらう必要があるのでしょうか。
実はふせを覚えることは、犬にとってメリットがあります。

①負担の軽減
ふせは、お腹が地面に密着した姿勢です。お腹でも体を支えることができるようになるため、体重を支えていた前足や後ろ足への負担が軽減されます。
長時間待っていてもらう必要がある時などは、ふせの姿勢で待機してもらうことで、犬の体への負担が軽減されます。

②突発的な行動を抑制し、安全な行動ができる
ふせは、おすわりと比べて、すぐに立ち上がることができません。「ふせ」でじっとさせることで、突発的な行動を抑制することができます。
例えば散歩の際、信号待ちをしている時にふせをさせることで、突然車道に飛び出してしまうことを防げます。

ふせを教える前のチェックポイント

ふせを教える前に、できるようになって欲しいことがいくつかあります。トレーニングを始める前に、トレーニングを始める準備ができているかを確認しましょう。

特にふせのトレーニングは、初級〜中級程度のトレーニングなので、まずは初級のトレーニングができるようになってから行うのがおすすめです。

初級のトレーニングができるようになる

お迎え後の子犬に「ふせやおすわりを教えて良い子に育てたい」なんてお考えの飼い主の皆さんも多いのではないでしょうか。ふせやおすわりを教える前に、最低限愛犬に覚えてもらうことがあります。ふせやおすわりの前に、まずは以下を覚えてもらいましょう。

しつけやトレーニングの順番に関しては、こちらの記事で解説しています。

  • 名前を覚えさせる
  • アイコンタクトがとれるようにする
  • トイレトレーニング
  • ボディコントロール
  • ハウストレーニング
  • 甘噛みをやめさせる

「ふせ」のトレーニングの前に「おすわり」ができるようになる

ふせのトレーニングを教えるときに、「おすわり」の体勢からトレーニングを始めます。ふせのトレーニングを開始するときは、「おすわり」ができている状態にしましょう。

まだおすわりができないワンちゃんのために、トレーニング方法を解説した記事もあります。そちらも合わせてご参照ください。
「おすわり」のコツはこちら→犬のおすわりのコツは?おすわりはトレーニングの基本!

おやつを準備する

トレーニングのために、トレーニング用のおやつを準備しましょう。

犬のお腹がいっぱいにならないように、おやつを小さくしてあげるのがポイントです。普段あげているフードを細かく砕いたり、専用のおやつも売っています。事前に準備をしておくことで、トレーニングをスムーズに始められます。

ふせのトレーニングのステップ

ふせのトレーニングはこのような手順で行います。1回では覚えられないため、継続的にトレーニングをしていきましょう。
また犬の短期の集中力は5分程度と言われています。5分程度やったらしばらく休憩をしてからまたトレーニングを進めましょう。

①おやつを手に持った状態でおすわりをさせる

まずは、おやつを手に持った状態でお座りをさせます。この時に、犬がおやつを見ているかを、確認しておきましょう。「おやつに興味がある状態」が、次のステップへ進むために必要です。

②手を犬の鼻先から地面にゆっくりと移動させる

おやつを持った手を犬の鼻先に近づけ、そこからゆっくりとおやつを地面に近づけます。
このとき、犬のお尻が上がらないよう、上半身だけを地面に近づけるようにします。おやつの位置が犬にとって近すぎると、犬はお尻が上がってしまいがちです。犬のお尻が上がってしまう時は、おやつを少し犬から遠ざけたり、おやつを地面に近づけるスピードを調整してみてください。

③犬が床にお腹をつけたら褒めてすぐにおやつをあげる

犬がうまくふせの状態になったら、手に持っていたおやつをあげます。うまく行く時と、行かない時があると思います。うまく行った時だけおやつをあげ、うまくいかなかった時はもう一度、おすわりの状態からやり直しましょう。
目安として、10回連続できるようになったら次のステップへ進んでください。

④「ふせ」と言って、手を犬の鼻先から地面にゆっくりと移動させる

ここからは、「ふせ」という言葉と動きを関連付けて覚えてもらう、トレーニングになります。
「ふせ」と言いながら、先ほどのように、おやつを持った手を犬の鼻先から地面にゆっくりと移動させます。
この時、「ふせ」の言い方を統一するようにしましょう。はっきりと、大きな声で、1回だけ言う、を心がけましょう。家族の中でも統一するのがおすすめです。言い方に差が出てきてしまう場合は、英語で「ダウン(Down)」という言い方にする場合もあります。

⑤犬がふせたら褒め、おやつをあげる

先ほどの(③)のように、ふせがうまくできたら褒めておやつをあげます。こちらも何度か継続的に続けてみてください。

⑥3回ほど繰り返したら手を移動させずに「ふせ」だけ言う

「ふせ」と言いながらのトレーニングを3回ほど行ったら、犬が自分でふせの体勢ができるようになるか確認します。
おやつを鼻の前に持ったまま、飼い主さんが「ふせ」と言います。そこから手を動かさず、犬がひとりで、ふせの体制になるかを確認します。
うまくできなかった場合は、前のステップ(④)に戻ってみてください。

⑦ふせができたら褒め、おやつをあげる

犬が自分の判断で「ふせ」ができたら、おやつを鼻の前に移動させ、おやつをあげ、褒めてあげましょう。
「自分でふせをすればいいことがあるんだ」と犬自身に思ってもらうために、何度か繰り返してこのトレーニングを行いましょう。

⑧他のトレーニングと同様に、おやつの頻度を下げていく

ここまでできたら他のトレーニングと同様に、おやつの頻度を下げていきます。こうして「ふせ」と言っただけで、ふせができるようになっていきます。

このようなトレーニングを続けることで、犬はふせというコマンドを覚えていきます。

うまくできないときは?

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

上記で紹介したトレーニングの他に、足の下をくぐらせるようなトレーニング方法もあります。

しかし、ふせをしたときの犬の後ろ足が伸びた体勢(カエル足)を犬が覚えてしまうこともあるため、今回の記事ではおすわりをした体勢からの方法をお伝えしました。

基本的には今回の方法をおすすめしていますが、これがうまくできない場合は別の方法を試してみるのもおすすめです。

様々な記事でトレーニング方法が紹介されています。しかし、人によって犬によってうまくできる時とできない時があります。なかなかうまくできないときは、自分がやっているトレーニングを改めて確認することがおすすめです。

ふせに関するトレーニング予約はこちらから
おすすめのドッグトレーナー」

ふせを教える際の注意点

ふせを教える時には、いくつか注意点があります。「今までできていたけど、失敗してしまうようになった」「ずっと教えてもなかなかできるようにならない」といった場合は、この注意点を改めて確認してみてください。

はっきり大きな声で「ふせ」と伝える

言い方が変わってしまうと、犬はなんと言われたのか理解しづらいです。「ふせふせ!」「ふせて~」など曖昧に言うと愛犬は混乱します。はっきりと大きな声で1回で伝えましょう。

叱るのはNG

トレーニングがうまくできないからと言って、叱ってしまうのはNGです。犬がトレーニングに恐怖心を覚えてしまったり、反抗してしまうこともあります。

犬が上手くトレーニングができない場合も、時間をかけて根気強くトレーニングをしましょう。

まとめ

犬の性格や、飼われている環境によって犬のしつけの順番は変わってきます。またそれによって、しつけの方法や教え方なども変わってきます。

しつけを早くしなきゃ!と焦る前に、まずは犬との信頼関係をつくっておいてくださいね。
ふせのステップは目安なので、子犬それぞれの特徴に合わせたしつけをすること。叱ったりせず、たくさん褒めながらしつけをしてあげましょう。